低用量ピルのトリキュラー、生理不順は改善できるのか

トリキュラーは分類としては低用量ピルという種類に分類されます。低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモン剤をうまい具合に組み合わせ期間ごとに摂取していくことで排卵を止めて生理周期を正していくことができます。
そもそも生理不順はストレスや体質によってこの女性ホルモンが正常に分泌されないことが原因となっています。ホルモン分泌が正常に行われないことで、子宮内膜組織が育たず、結果として月経周期も不定期になってしまうのです。トリキュラーはこの生理不順の症状をその根本から改善していくことができます。
通常、排卵やその他の子宮機能は脳下垂体から分泌されるホルモンによって引き起こされていきます。ピルを飲んでいると錠剤によってホルモン成分を体内に取り入れることができるので、脳下垂体が勘違いをして新たにホルモンが分泌されなくなります。これによって確実に排卵を止めることができますし、止まっていた子宮内膜組織の生成を適度に促していくことができます。
より適切な量のホルモン分泌が促されていくため、生理の際の出血量の過多症状、過剰な生理痛を未然に防ぐことも可能になってきます。
生理不順のためにトリキュラーを活用していきたいという場合、まずはトリキュラーを取り扱っている専門の医療機関を受診することからはじめていきます。トリキュラーは処方薬なので必要に応じて医師の診察を受け、その後処方箋をもらって初めて入手することができるのです。特に、トリキュラーをはじめとする低用量ピルを今まで使ったことがないという場合には、その薬と体との相性を確認していく必要があります。体質や薬との相性によっては副作用がひどく出てしまうこともあるので、まずはその低用量ピルを取り扱っているクリニックを探すこと、そしてその後、医師の判断の下、ピルを服用していく必要があるのです。