付き合う彼によってピルの使い方を考える

今の時代、結婚をしていたり、将来の約束をしている人との間には子供が出来てもいいものですが、そこまでの段階になっていない人たちであっても、性交渉は普通に行われる時代です。しかし、性交渉によって妊娠をしてしまう可能性があるため、避妊をする必要があるのです。
実際には、快楽などを優先にしてしまうために避妊をしない人たちもいるのですが、それで子供ができてしまったら、中絶をしなければならない状況になってしまうこともあるのです。そこで、日頃から付き合っている彼としっかりと理解し合いながら、避妊をしていきたいものです。
日本では避妊方法のメジャーなものでは、コンドームの使用があります。これは男性がしっかりと避妊を意識して行ってくれればいいのですが、全ての男性がそうしてくれるとは限りません。そこで、女性が自分の身を守るためにも女性自身ができる避妊をしたほうがよいといえましょう。
女性ができる避妊として、正しい使い方で100%に近い成功率を誇る方法として挙げられるのが、ピルの服用です。低用量ピルともいわれるものであり、ホルモン剤の含まれた錠剤を毎日飲むことで、妊娠を避けることができるものなのです。こちらは避妊の効果が高く、もしも彼が避妊の非協力的であっても、自分でできる防衛策になります。使い方は簡単ですが、毎日飲む必要があるので、飲み忘れがないようにする必要があるのです。
また、避妊に失敗したり、避妊をしてもらえずに妊娠してしまったかもしれないという時には、中用量のピルである緊急避妊薬を72時間以内に飲むことができれば、高い確率で受精卵を着床させることがないので、妊娠をしないようになるのです。
これらは彼によっても、使い方を考えていくといいでしょう。