ピルは飲み忘れがなければ高い確率で避妊できます

女性に取って、望まない妊娠をしてしまうほど恐ろしいことはなく、自分の身に降りかかってしまった場合は、なにも手につかなくなるほど狼狽してしまうことは間違いありません。女性の身体は、妊娠すればもう後戻りはできなく、日一日と赤ちゃんを育てられるように身体は変化していきます。その為、男性とセックスを行う機会があるのであれば、避妊対策は万全にしておかなければならず、男性任せにするなど言語道断です。先進諸国の女性で、そのような非常識な考えを持つ女性はあまりおらず、この点では日本女性は無知すぎるといわざるを得ません。望まない妊娠を背負うのは、男性ではなく女性だけで、産むにせよ産まないにせよ、心と身体に負担を強いられるのは女性サイドなのです。そのことをしっかりと認識し、コンドームの着用を男性に促すとともに、自身はピルで体調を管理しておくのがベストな方法です。ピルは、飲み忘れなく毎日服用していれば、高い確率で避妊ができ、コンドームの破損といったアクシデントにも影響されません。最近のピルは低用量で副作用も少なく、身体に負担なく服用できるようになっており、生理もとても楽になるのでおすすめです。一度の飲み忘れの場合、すぐに飲めば対処できますが、二度飲み忘れた場合は避妊効果は期待できません。また新しいシートで始めなければならないので、毎日同じ時間帯に服用するように習慣づけると、飲み忘れを避けられます。こういった場合はコンドームの装着は必須で、破損や装着ミスには特に気をつけましょう。また、ピルを飲めば妊娠は避けられますが、性感染症の予防はできないので、男性側には毎回コンドームはつけてもらうようにしましょう。